ビジュアルの働きとそれを目にする人々の意識が生み出す巨大な環世界「WOW Visual Design Studio ―WOWが動かす世界―」

 昨年20周年を迎えたWOWの大型展覧会「WOW Visual Design Studio ―WOWが動かす世界―」が、スパイラルにて開催される。会期は、4月6日(金)から4月15日(日)まで。本展覧会では、スパイラルガーデン(1F)、スパイラルホール(3F)、青山通りに面したエスプラナード(M2F)を使用した大型展覧会で、新作からアーカイブ作品まで多数が展示される。WOWの過去/現在/未来が一体となった回顧展であり、その先への展望を拓く試みでもある。

 

「BAKERU」
伝統行事の宝庫とも言われるWOW創業の地・東北に息づく異形の存在たちに、お面を着けることで“化ける”ことができるインタラクティブな体験型作品(東京初公開)。スパイラルホール(3F)にて展示

 

 1997年の設立以来、WOWはCG映像から始まり、UI/UXデザイン、空間インスタレーション、プロダクトや建築に至るまで、活動のフィールドを拡大してきた。すべての作品は「ビジュアルデザイン」「視覚的なモノ・コト(=ビジュアル)はすべてデザインの対象である」というコンセプトでつながっている。WOWの作品は、モニター画面から仮想空間、ギャラリーや都市ランドスケープまでを舞台に、自然とデジタル、現実と虚構、物質と非物質が溶け合い、驚くべき眺めが繰り広げられていく。それは、ビジュアルの働きとそれを目にする人々の意識が生み出す、巨大な「環世界」とも言えるものだ。

 

「BLUEVOX!」

「生活不必需品」をコンセプトに、ビジュアルデザインで培ってきた3Dデータにおけるフォルムや質感、ライティングなどのこだわりや技術を実在のモノに落とし込んでいくプロジェクト。本展では新作「LUX」も登場。www.bluevox.tokyo

 

 スパイラルガーデン(1F)では映像作品のヒストリー展示、アトリウムの吹き抜けには浮遊する布の巨大インスタレーション「wind form_03」が展示され、3Fへと続くエスプラナード(M2F)には、プロダクトレーベル「BLUEVOX!」の品々やマーク・ニューソンとのコラボレーションによる日本刀「aikuchi」、大型ディスプレイに映し出される新作映像作品「motion texture 02」、社内デザインユニット「wowlab」のスタディが並び、その先のスパイラルホール(3F)で目玉となる体験型展示が立ち顕れる。

 

「aikuchi」

世界的デザイナーのマーク・ニューソンを迎え、日本刀の新たな価値を切り拓く伝統と革新の結晶「aikuchi」を展示。1セット35,000,000円(税込)にて販売

 

 WOWがアート表現で追求するビジョンを、広大な実空間で体感することができる展覧会と言えるだろう。是非、足を運んでほしい。

 
 

「WOW Visual Design Studio ―WOWが動かす世界―」
l_wow_06
 
会期 | 2018年4月6日(金)~2018年4月15日(日) 会期中無休
時間 | 11:00~20:00(最終入場は19:30まで)
場所 | スパイラルガーデン(1F)、エスプラナード(M2F)、スパイラルホール(3F)
住所 | 東京都港区南青山5-6-23
電話 | 03-5459 1100(代表)
入場料 | スパイラルガーデン(1F)・エスプラナード(M2F)は無料。スパイラルホール(3F)のみ有料。一般:800円、小中高生:500円、未就学児:無料、ペア割引:1,000円
イベントサイト | www.w0w.co.jp/atw
主催 | WOW
会場協力 | 株式会社ワコールアートセンター

Discover Japan_CREATORSシリーズ出版記念トークイベント
3月30日(金)に枻出版社から刊行されるDiscover Japan_CREATORSシリーズ「世の中を変え続けるビジュアルデザイン WOWが動かす世界(仮)」を記念した、トークイベント
開催日時 | 2018年4月6日(金)19:00~21:00
開催場所 | スパイラルホール ホワイエ(3F)
定員 | 80名 *イベントサイトにて事前にお申し込みが必要
料金 | 無料
第一部 19:00~20:00 「美しさの舞台裏(仮)」
Discover Japan統括編集長 高橋俊宏×WOW(高橋裕士・於保浩介・鹿野護)
第二部 20:00~21:00 「ボーダーレスなクリエイティブ(仮)」
彫刻家 名和晃平×WOW(高橋裕士・田崎佑樹)
WOWスタッフによるギャラリーツアー
開催日時 | イベントサイトにて随時更新
定員 | 各回20名 *イベントサイトにて事前に申し込みが必要
料金 | 1,000円 *展示入場券、ギャラリーツアー、ワンドリンク付き