「太宰府、フィンランド、夏の気配」陶芸家 石本藤雄と、写真家 津田直による二つの作品展が太宰府天満宮にて開催

 太宰府天満宮にて、フィンランドとつながりの深い二人の日本人アーティスト 陶芸家 石本藤雄と、写真家 津田直による「太宰府、フィンランド、夏の気配。」が開催される。会期は2018年5月12日(土) ~7月1日(日)。

 

© Chikako Harada/Fujiwo Ishimoto

 

 太宰府天満宮の御祭神菅原道真公は、「学問の神様」であるとともに、「文化・芸術の神様」としても崇められ、創建以来、和歌や連歌、歌舞伎、書画の奉納を通じて、アートとも深い関係性を有している。
 宝物殿での「実のかたち」では、陶芸家 石本藤雄が、作品を発表する。石本は、1970 年から現在に至るまで、ヘルシンキを拠点に数々の作品を発表してきた作家で、フィンランドのライフスタイルブランド「マリメッコ」においてテキスタイルデザイナーとしての才能を開花させ、当時手がけたファブリックは今なお、世界中で愛され、多くの人々に使われ続けている。1989年以降は活動の軸足を陶芸へと移し、現在はフィンランドを代表する陶器メーカー「アラビア」のアート・デパートメント部門に構えるアトリエにて、陶の表現を追求。その作品世界の魅力は、人間を取り巻く広大な自然へ向けたまなざしから導き出されるモチーフと、独自の感性で施される色彩の豊かさにある。
 本展「実のかたち」では、太宰府天満宮の象徴である梅の実や夏に旬を迎える冬瓜、あるいはヤマモモ、ブドウ、木苺、南天の実をモチーフとした陶器作品が展示される。太宰府天満宮の象徴である梅の実は、子どもの頃の記憶から形づくられて着彩されたウォールレリーフ。ゴロンとした存在感が忘れられずに今回初めてモチーフとして取り組んだ冬瓜は、種類の異なる土と釉薬で仕上げられている。いずれも石本が本展のために作陶した大皿や立体作品で、釉薬や土の肌合いまでじっくりと鑑賞することができるだろう。

 

© Chikako Harada/Fujiwo Ishimoto

 

 文書館では「辺つ方(へつべ) の休息」と題した、北欧の人々が短い夏を楽しむサマーコテージやフィンランドの離島に到来する初夏を写し取った津田直の写真作品が展示される。
 津田直は、日本だけでなく世界中を旅しながら、人間と自然の関わりを見つめ続けている写真家で、その独特なアプローチによって数々のランドスケープ作品を発表してきた。近年では、土着の信仰に支えられた聖域や独自の民族的文化を守り続ける集落での撮影、古代文明をたどるフィールドワークに基づく作品づくりにも取り組み、2017年5月、冬から夏へと季節が移り変わる瞬間を追い求めたフィンランドでは、群島の岩場や岸辺から見つめた草木がいち早く夏の到来を察知して新芽を開く様や、人々が世代を超えて大切にしているという、短い夏を満喫するための小屋とそれを取り巻く自然の姿に、北欧の初夏を見出した。
 本展「辺つ方( へつべ) の休息」では、津田直がフィンランドで撮りおろした写真作品が展示される。フィンランド南西部にあるヴァーノ島で芽吹いた植物や、ユヴァスキュラ近郊の湖畔に建つサマーコテージを包み込む空の色など、津田がとらえた北欧の初夏の訪れを、日本建築の中で感じることができる。畳敷きの空間に特別設計した展示台は、ゴツゴツとした岩の多い島を歩くような心持ちで、体を斜めにしたり、座ったり、視線を変えながら作品を見るための仕掛けにもなるという、実に楽しみな企画だ。

 

© Nao Tsuda, Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film

 

 本展覧会の開催時期の太宰府天満宮は、自然に囲まれた境内で様々な初夏を感じることができる。境内の梅の実が収穫期を迎え、6月1日には御神木「飛梅」の実を集めて御神前に奉納する「飛梅ちぎり」 が斎行され、季節のお祭りや催しなどとともに展示がなされる。境内の自然や、太宰府天満宮の伝統的な行事や催しと共に、アートを通してフィンランドやそこに訪れる夏の気配を体感していただきたい。

 
 

「太宰府、フィンランド、夏の気配。」
石本藤雄「実のかたち」展 / 津田直「辺つ方の休息」展


 

会期 | 2018年5月12日(土) ~ 7月1日(日) 9:00 ~ 16:30( 入館は16:00 まで)
休館日 | 毎週月曜(6月25日は開館)
拝観料 | 共通チケット[ 宝物殿+文書館 ] 一般 700 (600) 円、高大生 300 (200) 円、小中生 150 (100) 円
    宝物殿・文書館 それぞれ 一般 400 (300) 円、高大生 200 (100) 円、小中生 100 (50) 円
    *( )内は30 名以上の団体料金、障害者手帳提示により付添者1 名まで半額料金
会場 | 太宰府天満宮 宝物殿企画展示室・文書館
住所 | 〒818-0117 福岡県太宰府市宰府 4-7-1
連絡先 | tel.092-922-8225
HP | www.dazaifutenmangu.or.jp/natsunokehai/
主催 | 太宰府天満宮
後援 | フィンランド大使館、Visit Finland ( フィンランド政府観光局)
協力 | 有限会社スコープ、スパイラル/ 株式会社ワコールアートセンター、東京カラー工芸社、富士フイルム株式会社、三菱地所アルティアム、 MUSTAKIVI、Taka Ishii Gallery Photography / Film 、THE NORTH FACE
会場構成 | 設計事務所ima (イマ) 小林恭・小林マナ ( 石本藤雄 陶展「実のかたち」太宰府天満宮宝物殿企画展示室)、CASE-REAL(ケース・リアル)二俣公一(津田直 写真展「辺つ方の休息」 太宰府天満宮文書館)
アートディレクション | 前田景
企画・プロデュース | 株式会社ビオトープ

石本藤雄
テキスタイルデザイナー、陶芸家。1970 年よりヘルシンキを拠点に、1974年から 2006年までマリメッコにてデザイナーとして活躍した後、1989 年からはアラビア社アート部門において陶芸作品を制作。フィンランド政府工芸工業賞、カイ・フランク賞など受賞歴多数。
津田直
写真家。世界を旅し、ファインダーを通して古代より綿々と続く、人と自然との関わりを翻訳し続けている。2001 年より個展を中心に多数の展覧会を開催。2010 年、芸術選奨新人賞美術部門受賞。2012 年より東京と福岡の二拠点にて活動。また、2018 年4 月28 日から5 月27 日の間には、福岡・天神の三菱地所アルティアム(イムズ8F)にて、写真展「エリナスの森」が開催される。
tsudanao.com