Interview with Theodore Watson
theo_01.jpg(c) Theodore Watoson & the Graffiti Research Lab

H.P : muonics.net
Interview by arata sasaki

オランダ出身、N.Y.在住のデジタルアーティスト[Theodore Watson]。
C++言語を使いテクノロジーとアートを融合させた作品を多数発表しています。
有名な作品として"funky forest"、"laser tag"など娯楽性が高いソフトウェア等が挙げられる。
今回はインタラクティブの可能性やそれらの技術の源であるオープンソースシステムについてインタビューしました。


Hitspaper:あなたについて教えて下さい。
Theo私は、18歳の時にロンドンからニューヨークのパーソンズデザイン学校へデザインとテクノロジーを勉強する為引っ越してきました。
そのプログラムの間、可能な限り習得しようとしたのですが、新しい方法でアートとテクノロジーをミックスした指導をする教授に出会えたのは本当に幸運でしたね。
その中でも大きな影響を私に及ぼした内の一人、名前はZachary Liebermanというのですが、彼からは創造的なインタラクティブソフトウェアを作るためのC++言語を学びました。
実際、私の頭の中にあるリアリティを形にする為に、必要なソフトウェアを自身で書くことができると理解した時、人生の中でも非常に大きな瞬間だったと思います。
話は少し進んでパーソンズ大学の卒論はAudio Spaceというプロジェクトでしたね。
そのプロジェクトはある空間で人々が音を出すことにより、それが音響としてその後も残すことが出来るシステムです。
その為にカスタムメイドでヘッドセットも制作しました。
そのヘッドセットを付けると、以前自ら立てた音が、着いてくるような感覚で3Dオーディオセットから再生されます。
ですので、違う場所に居ても、まるで、まだ、そのスペースにいるかの如くすべての音を聴くことができるのです。
また、人間が前に動いたり後ろに動くのを特定の音と連動させることにより、
ものにぶつかったり、踏んだりとまるで、すべてのものがそこにあるかのように錯覚します。
言ってみればそれは目には見えない建築物ですね。

その後、無事卒業してからはニューヨークのEyebeam(ここで1年間研究生として所属していた)を含むいくつかの国や地域でAudio Spaceを行いました。
その後、私はMichel Grondyのエキシビジョン'The Science of Sleep'でインタラクティブインスタレーションを提供するためニューヨークで、このインスタレーション制作を行いました。
ちなみにそのインタラクティブインスタレーションはGraffiti Research Labと一緒に開発した'Laser Tag'と呼ばれるグラフティレーザーシステムのことです。
現在はというと、Zachary LiebermanとFrameworksプラットホームに取り組んでいますね。
創造的なコードをC++で記述するためのオープンソースシステムです。
それはすでに大人気で、非公開のプライベートデータ版にも拘らず、既に1000人を超える人々が使用してますよ。
また、実際ビックプロジェクトを行う為に、使用しているアーティストもいますね。

Hitspaper:Could you tell us about your history?
TheoI am originally from London but moved to New York when I was 18 to study Design and Technology at Parsons School of Design.
While in the program I tried to learn as much as possible and I was really lucky because they had
great faculty who were combining art and technological process in really new and interesting ways.
One of the people who had a huge impact on my direction was Zachary Lieberman who was teaching classes on using C++ to make creative and interactive software.
It was a huge moment for me to realise that I could write the exact software I needed to make the ideas in my head a reality;sort of like being able to make your own tool just to solve a single problem.
I graduated from Parsons with Audio Space as my thesis project.
The idea of the project was that I wanted to build a system that would allow people to leave a sonic ghost of themselves in an empty room.
I made a custom headset that the person would wear as they walked around the space.
With the headset they could make sounds which would be recorded by the system and then played back through the headset in 3D audio
as if the sound was still coming from the location where they said it.
The persons would be able to hear all the sounds of the people who had been in the space as if the people were still there making them.
It created a very surreal effect because to someone watching, you are seeing a person navigate
an empty space as if there are all these objects there; moving backwards and forward and around certain sounds.
It created an invisible sonic architecture.
Since graduating I have shown Audio Space in several locations around the world including Eyebeam in New York, where I spent a year as a fellow in the production lab.
I also have worked on interactive installations for Michel Grondy's 'The Science of Sleep' exhibition at Deitch Projects in New York, as well as developing the 'Laser Tag' - laser
graffiti system with the Graffiti Research Lab.
Currently I am working on the open Frameworks platform with Zachary Lieberman, which is an open-source system for writing creative code in C++.
It is becoming quite popular and even though it is in private beta we have 1000+ people using it worldwide
and several artists already using it for making quite large scale projects.


theo_03.jpgtheo_02.jpg
theo_04.jpg (c) Theodore Watoson & the Graffiti Research Lab


Hitspaper:あなたのプロジェクト"funky forest"、"laser tag"非常に興味深いです。このプロジェクトについて教えて戴けますか?
Theoそれらのプロジェクト両方共、実際はコラボレーションですね。
"Funky Forest"はEmily Gobeille (http://zanyaprade.com)とのコラボレーションでした。
それから、"Laser Tag"に関してはGraffiti Research Lab (http://graffitiresearchlab.com) として参加しています。
"Funky Forest"は子供達が遊べるインタラクティブエコシステムで、子供達が自身の身体を使って木の形になり、森の健康を保つためにデジタルストリームから木を守り、給水をしてあげることがタスクです。
このプロジェクトは最近、子供の日(祝日)にアムステルダムで初お披露目しましたよ。非常に成功して、子供は退屈することなく何時間も遊び続けていました。
可笑しいことに2つの任天堂Wiiのブースが隣にあったのですが、子供達はそれよりFunky Forestに興味があったんです。
正直、その光景は信じられなかったですよ!

"Laser Tag"もまたオランダで行いました。
このアイデアはグラフィティアーティストが広告枠という概念を壊す為に、大きなスケールでビルの正面にメッセージを書くという非常に低コストなシステムですね。
それにはレーザーペンとレーザーポインターでビルに描けるデジタルペイントソフトウェアを使用しました。
本当にその光景は素晴らしくて、本当に大きなスプレー缶もしくは絵筆で直接、ビルに書いているようでしたね。
最初にペイントした建物はロッテルダムにあったのですが、高さにして100mほどですので全都市、全域で見ることが出来たことになります。
これを経験すると非常に解放された気分になるんですよ。世界中でこの体験をして欲しいと思って、ソフトウェアをオープンソース化してチュートリアルも付けてリリースしています。
それは誰でもダウンロードすることが可能で、実際それを試用することができます。

Hitspaper:Your project named "funky forest" and "laser tag" are very interesting. Could you tell us about them,please?
TheoBoth of those projects are actually collaborations.
Funky Forest was a collaboration with Emily Gobeille ( http://zanyaprade.com ) and Laser Tag was a project of the Graffiti Research Lab, ( http://graffitiresearchlab.com) which I am part of.
With Funky Forest the idea was to create an immersive, interactive ecosystem for young children to play with, where they could create trees with the shape of their body and then damn and divert a digital stream to water the trees and keep the forest healthy.
We recently premiered it at the Cinekid children's festival in Amsterdam and it was a massive success, children would play with it for hours and hours without getting bored.
The funny thing was there were two Nintendo Wiis right next to our installation and the kids were actually more interested in Funky Forest than Nintendo! We couldn't believe it!

Laser Tag also premiered in the Netherlands.
The idea was to create a low cost system that would allow graffiti artists, activists and members of the public to directly write their message across the front of buildings on a
scale bigger than what advertisers had access to.
It uses a laser pen and some software which I wrote to project digital 'paint' onto the building where the laser pointer is.
The effect it creates is quite amazing and it really feels like you are taking a massive spray can or paint brush and directly writing on the building.
The first building we did it on was in Rotterdam and it was almost 100m tall, the tags could be seen across the whole city.
It is quite a liberating experience to use it and we really enjoy setting it up around the world to give people that experience.
We also released all the software open source and with tutorials so in fact anyone can download it and try it out themselves.


theo_05.jpg











theo_06.jpg
theo_07.jpg(c) Theodore Watoson & Emily Gobeille


Hitspaper:アイデアはどのように生まれてきますか?
Theoそうですね、、、大抵それは、私の頭の後ろの方でムズムズしていた欲求と特定のオーディエンスに対して、それがどう映るかということ考えてミックスさせたものになります。
例えば、「Vinyl Workout」プロジェクトはロッテルダムで行われたエレクトロミュージックフェスティバルの為に制作したものですが、
その時は、ここ10年間のDJカルチャーがビニールというフィジカルフォーマットからデジタルフォーマットに移行していくのを見て、それにインタラクティブな作品を組み合わせる事が出来たら、面白いだろうと考えました。
実際、一度プロジェクトが終わるのを見ることが出来たなら、アイデアを出す方法が理解できると思います。
時間が許す限り多くのプロジェクトに関わりたいですね。

Hitspaper:Where do the ideas come from?
TheoWell it is usually a mixture of if it is for a particular audience or if it is just an idea that has been itching in the back of my head.
For example the Vinyl Workout project was something I did for an electronic music festival in Rotterdam
- I thought it would be interesting to make an interactive piece that would play with the idea of movement and music as DJ
culture in the last 10 years has moved away from the physical format of Vinyl to more digital formats which to me represents a loss of the intimacy of the process.
Actually once you realise that almost anything is possible it becomes more of a matter of staying focused on one idea to see it actually finished.
I usually have more projects than time will actually allow.


theo_08.jpg



theo_09.jpg
(c) Theodore Watoson


Hitspaper:あなたの一連の作品を通じて同じコンセプトは存在しますか?
Theoないですね。
いつも興味があるものを制作していますし、また、興味があるものは一貫性がないと思います。
ただ、エキサイトするようなプロジェクトをしようと心掛けていますが。
人に好奇心持ってもらったりや魅力を感じてもらったり、驚きを与えたいですね。魔法のように。
私自身が楽しみながらプロジェクトを行わないと、型に嵌まった作品になり、飽きてしまいますから。

Hitspaper:Please tell us the consistent concept of your work?
TheoThere is none.
Usually I am just making things that are interesting to me and I am interested in a lot of things so that makes for inconsistent work.
I do try and make my projects exciting though.
I want people to be curious and fascinated and to give people a sort of sense of wonder, like is this magic?
I think people will get used to this type of work pretty soon so I should enjoy the novelty while it lasts.






Hitspaper:インタラクティブデザインで最も重要なことは何だと思いますか?
Theoう〜ん。そうですね、、、オープンシステムを構築することですかね。
そういったシステムは遊ぶ事が出来ること。意図しない使われ方が出来ること。
が大切で、それがより良いインタラクティブシステムを成長させるのだと思っています。
私自身が決して考えもつかない作品に興味あるということもありますが。

Hitspaper:What do you think the most important thing for interactive design?
TheoHmmm. I think, building open systems.
Systems that can be played with and used in ways that were not intended.
I am always more interested in the ways that people use my work that I never thought of and I think it is possible to design interactive systems that nurture that.


theo_10.jpg







theo_11.jpg
theo_12.jpg(c) Theodore Watoson &  Michel Gondry


Hitspaper:最近のテクノロジーの発達により影響を受けていますか?
Theoはい。私にとってはビデオゲームが今の作品に重要だったと思っています。何故なら、重いインタラクティブシステムを軽いコンシューマー向けのグラフィックカードに開発し直して
高速にしてましたからね。
総じて、テクノロジーは私の領域なんでその進歩にかなり影響を受けますよ。
新技術が開発されれば、それに柔軟に適応しなければなりませんし。
それは常に流動しているので、マスターするのは難しいですが、それはとても楽しいことでもあると思います。

Hitspaper:Do you think the development of technology we have been exposed in the recent years has affected the ways you?
TheoYes. Strangely enough I think video games have been very important to my work, as that market is what drives the development of faster consumer
graphics cards which I rely on heavily for building interactive systems.
Generally, technology is my medium, so my work will always be tied to its development.
The thing I have to make sure of is that I stay flexible and adapt as new technology is developed.
It is hard to try and master something that is in a state of flux, but it is also a lot of fun.





Hitspaper:人生で最も大事にしていることは何ですか?
Theo難しい質問をしますね。ええと、、、だけど本当は簡単な答えですね。
多くの人と同じように妻と家族ですね。
それから自分自身の好奇心と学ぶ心を持ち続けることです。

Hitspaper:What is the single most important thing in your life?
TheoWow, what a hard question.
Well it is quite easily really - like most people it would be my wife and family.
After that and related to my self it is to stay curious and to never stop learning.


theo_13.jpg



theo_14.jpg(c) Theodore Watoson


Hitspaper:現在、地球では悲しい問題、例えば戦争、テロ、経済格差などが起こっています。そうした社会問題に対するあなたの考えを教えて下さい。
クリエーターとして何か出来ることがあるでしょうか?
Theoこのサブジェクトに関してはかなり言うべきことがありますよ。
まず始めに言わせて欲しいのですが、テクノロジーが個人の自由を制限させることになるのは嫌ですね。
最近、そういった傾向を心配してます。ええと、、、私ができることでしたよね?
そうですね、世界で問題になっている事柄から人々を助けたいですし、また偽善も暴露することもしたい。
メディア型中央集権ではなく分散化して欲しいと強く願います。
また、オープンソースを発展させること、そしてパブリックドメインワークはこれを可能にする最高の方法だと思います。

Hitspaper:There are a lots of sad problem such as war,terror,economic discrepancy...etc.
Please tell us your thought for a social problem caused in the world?
Is there something we can do for them as creator?
TheoThere is too much I can say on this subject.
Let me just say that I don't like how technology is being used to restrict people's personal liberty.
I find that a worrying trend. In regards as what I can do?
Well part of me wants to make work that takes people away from the problems of the world and
the other part of me wants to help in exposing these hypocrisies.
I would very much like to see content becoming decentralised from the media
conglomerates and I think developing open-source and public domain work is the best way to achieve this.




Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いできますか?
Theoこのまま聞き続けて下さいね。OpenFrameworksというワークショップが今年の夏、日本で開催されます。そしてGraffiti Research Lab!はすでに始まってますよ。
http://openframeworks.cc  - http://graffitiresearchlab.com/index_how2.html
ああ!それからストリートファイターIIありがとうございます。

Hitspaper:In conclusion ,can I have the message from you to japanese people?
TheoStay tuned ! OpenFrameworks workshops starting this summer in Japan and start your own Graffiti Research Lab! http://openframeworks.cc  -
http://graffitiresearchlab.com/index_how2.html - oh and thanks for Street Fighter II




btn_back.gif





Interview with Theodore Watsonに関連したエントリー

Trackback(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Interview with Theodore Watson

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://antenna7.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1008

Offer Commentary

Circuit (Arata Sasaki)
 _Hitsme! Co.,Ltd.
 _High5
 _Weblog
 _Mixi Community
kotenhits! (Takashi Kawada)
 _Kotenhits!
sbr (Subaru Matsukura)
 _Ovaqe
 _Aldebaran™
nssgraphica(Munehiro Machida)
 _Nssgraphica
entropix - Taisuke Koyama
March 31, 2009
G/P galeryにて、2009年4月24日(金)より5月下旬まで、小山泰介個展『entropix』が開催される。 小山は刻々と変化していく都市を生物や自然と同じような有機体としてとらえ、都市の新陳代謝のような人工物の表面や状態、現象の細部をデジタルカメラで撮影し、有機的で抽象度の高い写真作品を制作している今最も注目の作家。
Wieden+Kennedy: A story of who we are
March 26, 2009
クリエイティブエージェンシーWieden+Kennedyのブランドブック“A story of who we are:私たちの物語”がリリース。このブックは世界中にある全7オフィスをフィルターにして、ワイデン+ケネディのユニークなストーリーを紹介し、150ページのハードカバーの1冊に納められ、それぞれのオフィスのカルチャーガイド、同社の創立者であるDan Wiedenのステッカー、東京オフィス発の音楽レーベルW+K TokyoLabのCD/DVD、そして本の裏表紙に埋まっているUSBメモリスティックで構成されている。
Soothe one-man live 2009
March 25, 2009
津軽三味線・和太鼓・ギター・ベース・ドラムからなるインストゥルメンタル ジャムバンド[Soothe]が、2009年4月25日(土)に、duo MUSIC EXCHANGEにてワンマンライブを開催する。今回のワンマンライブでは、ミュージシャンはもちろん、世界的に有名なアーティストとの映像によるコラボも予定している。初夏には3枚のアルバムも、リリースされる予定で、今回は、特別にLive会場のみでの先行発売もおこなわれる。今後注目のバンドだけにぜひ足を運んで欲しい。
DIESEL UNIVERSITY
March 23, 2009
イタリアのプレミアム・カジュアル・ブランドDIESELがディーゼルのモバイルサイトと全国のディーゼルストアにて、2009年3月11日(水)~4月7日(火)の期間限定のDIESEL UNIVERSITYを開校している。ディーゼルのモバイルサイトではDIESEL UNIVERSITYのモバイルコース“DIESEL CHALLENGE”を開講。ディーゼルにまつわるPOP QUIZを実施する。
Hackney Flowers
March 7, 2009
G/P galleryにて2月27日(金)から、今世界で最も注目される写真家の一人、スティーヴン・ギルの日本初個展となる『Hackney Flowers』を開催中。作家の代表作である同名のシリーズは全47点で構成されており、今回はオリジナルプリントを10点展示、また本展会期中には同シリーズ全47点を含めたオリジナルプリントを販売している。
Factory and Fantasy
March 7, 2009
仙台クリエイティブ・クラスター・コンソーシアムの平成20年度助成事業であるfeslabがプロデュースするイベントが2009年3月17日(火)〜29日(日)の会期で開催。テーマは「交差」。現実と空想、音楽と映像、光と影、過去と未来、視覚と聴覚といった境界線そのものを体験するインスタレーションの展示となっている。