Best of HITSPAPER 2008


January
january_lina.jpgLina Scheynius photography
Link:antenna7.com/root/2008/01/lina-scheynius-photography.html (HITSPAPER)
Interview : antenna7.com/root/interview-lina-scheynius.html (HITSPAPER)
H.P: www.linascheynius.com (Offical Site)

スウェーデンが生んだ若き写真家。彼女が持つミクロコスモスが写真を媒介にして溢れ出ています。秋には自身初となる写真集も出版。暗中、静寂、輝きといったある種の物語性が吹き込まれた作品は数年後どのような変遷・成長するか今から楽しみです。




February

febuary_nam.jpgNam
Link:antenna7.com/root/2008/02/nam.html (HITSPAPER)
Interview : antenna7.com/root/interview-nam.html (HITSPAPER)
H.P: n-a-m.org (Offical Site)

グラフィックデザイナーである中沢貴之とフォトグラファーである間仲宇によって結成されたアーティストユニット。今年は幸いにも、多くのアーティストにお会いしましたが、群を抜いて素晴らしかった。





March
march_meek_fm.jpg

Meek FM Typographic Synthesizer
Link:antenna7.com/root/2008/03/meek-typographic.html (HITSPAPER)
H.P: meekfm.org (Offical Site)

3月はなかなかクリティカルな作品がなかったのですが、Rob Meek ( RobMeek.com )とFrank Müller ( WeAreWhiteLabel.com )によって開発されたタイポグラフィシンセサイザーMEEK FMをピックアップしました。音とタイポグラフィーが連動してビジュアライズされていくシステム。楽しそうですね。




April
april_mediastorm.jpgMedia Storm
Link:antenna7.com/root/2008/04/media-storm.html (HITSPAPER)
H.P: mediastorm.org (Offical Site)

今年も多くのクリエイティブ系動画配信サイトが誕生しましたが、ステイトメント、フィロソフィー、構成、ディテールなど非常に高いクオリティを誇っていたのがMedia Stormでした。新しいフォトジャーナリズムの展開を感じさせる動画配信プラットフォームですね。




May
may_justice.jpg
Justice Stress
Link:antenna7.com/root/2008/05/justice-stress.html (HITSPAPER)
H.P:www.dailymotion.com/video/x58z2a_justice-stress-official-video_music (Offical Movie)

エド・バンカー・レコーズ所属のjusticeが今年も大暴れしました。特に今年は"DVNO"、 "D.A.N.C.E"に続くStressのPVが鮮烈で世界中で物議を醸しました。また、justiceの周りでは既に多くの若い才能が芽を出しつつあり、音楽業界に新たな潮流を産み出しそうな予感です。





June
june_cloud.jpgThe Cloud
Link:antenna7.com/root/2008/06/the-cloud.html (HITSPAPER)
H.P:www.thecloud.ws (Offical Movie)

今年もテクノロジーとアートの融合が行われましたが、その中でもフィレンツェを拠点にするMIT Mobile Experience Labが開発したアートスクラプチャーThe Cloudは素晴らしい作品でした。感情によって様々なインタラクションを起す有機体が今後どのように社会に昇華されるか実に楽しみです。





July
july_moonwalk.jpgGuys fill their jeans with helium
Link:antenna7.com/root/2008/07/guys-fill-their-jeans.html (HITSPAPER)
H.P:jp.youtube.com/watch?v=1l_v1K3GwUc (Offical Movie)

Youtubeが企業の新しいプロモーションとしての媒体として認識され、バイラルCMという手法が確立してきましたが、今年もlevis 501のキャンペーンなど多くのプロジェクトが立ち上がりました。今後は媒体に合わせよりセグメントされたクリティカルなキャンペーンが増えそうです。






August
august_prada.jpgPrada FW 2008 LookBook
Link:antenna7.com/root/prada-fw2008.html (HITSPAPER)

PradaとOMA*AMOのRem Koolhaasがコラボレーションという事もあって、リリース以前から噂になっていましたが、とても素晴らしい完成度でした。Rem Koolhaasは建築家ですが、その哲学性はグラフィックという2次元でも存分にその力を出していたと言えるでしょう。今後、こういった異業種間で更に親和性が増して来るのはないでしょうか。






September
september_robertplatt.jpgRobert Platt
Link:antenna7.com/root/2008/09/interviewwith-robertplatt.html (HITSPAPER)
Interview:antenna7.com/root/interview-robert-platt.html (HITSPAPER)

スペインで発刊されたライフ・インテリアマガジンApartamentoとにするか迷いましたが、HITSPAPERらしく、まだ世に出ていないRobert Plattをピックアップします。自然と人工の間に彷徨う、依り処は一体何か?ペインティングの世界で実践した今後、注目のアーティストです。





October
october_halloffragment.jpgHall of Fragments
Link:antenna7.com/root/2008/10/hall-of-fragments.html (HITSPAPER)
Interview:antenna7.com/root/interview-lab.html (HITSPAPER)
H.P:lab.rockwellgroup.com (Official Site)

1994年にN.Yにデイビッド・ロックウェルによって創設されたロックウェル・グループが運営しているLABから生まれた作品。建築学とメディアアートを融合させた美しく新しい作品でコンセプトやソーシャルステイトメントとしてもメディアアートの中では今年最高の評価・賛辞を送りたいです。このLABには200人以上の才能ある若者が在籍しているので、今後生み出される作品が非常に楽しみです。






November
november_gspeake.jpgOblong Industries,inc. / g-speak
Link:antenna7.com/root/2008/11/g-speak.html (HITSPAPER)
H.P:oblong.com (Official Site)

10月にピックしたHall of Fragmentsがアートとして昇華するならばこのg-speakは新たな基幹産業を担う可能性を秘めた作品です。この作品は今後のプロトタイピング次第ですが、ソフトウェア(というより知的産業)に比重が行き過ぎた時代性の中でソフトとハードの本質が融合する可能性をもった価値ある原石だと思います。






December
december_high5.jpgHIGH5 2
Link:antenna7.com/root/high52-report.html (HITSPAPER)
H.P:www.high5.jp (Official Site)

この月は特に目立ったイベントやアーティストがいなかったので、手前味噌ですが私達が企画・運営したカンファレンスHIGH5 2をピックアップ。反省点も多いイベントでしたが、ヘリックスサーキュレーション型のエントランス広く持つプロジェクトの一つとして皆さんと成長していければと思います。







---

hitspaper_eyes.gif

1月から12月までHITSPAPERでポストしたアーティストやイベント、作品を月別でピックアップしました。皆さんの印象に残る事柄は何だったでしょうか?

2008年を振り返ると、社会的に特にサブプライム問題に端を発する金融・株という概念の見直しとオバマ大統領の誕生などに代表される政治のパラダイムシフトの変調が起きた年でした。それは、クリエイティブ業界も例外ではなく、アートで言えばヒューマンやコミニケーションといった非常にオーセンティックな事柄がテーマとして取り上げられた事がそれを物語っています。長い人類の歴史でようやく、一個人が、限りある人生の時間や本質を捉えようと、探求を始めました。
2009年はおそらく、更にこの潮流が進行するでしょうが、築き上げられたシステム・楼閣と矛盾する日々のマインドが反発・交錯するうちに、そこから見えてくる世界は私たちが、妄信的に突き進んできた未来とは異なる場所にあるように思えて来るでしょう。おそらくネクストジェネレーションのオーセンティックなクリエーションは哲学やその人間性から産み出せるものが価値あるものとして認知されていくような気がします。

HITSPAPERでも今年はそういった事からデザインやアート、クリエイティブに関わる事で何かパラダイムシフトを助けるメソッドがないか考察し、多くのクリエーターにインタビューして来ました。多くの方が、間接的には、多くの援助が出来ると回答してくれたのはとても幸いな事です。

HITSPAPERでは、2009年この援助が具体的に何を差すのか、研究・発表、アクションを起す年にしたいと思っています。
来年の土壌はかなり固い大地ですが、私たちが蒔く多くの種が豊穣するきっかけの年になれば幸いです。

---




btn_back.gif









Best of HITSPAPER 2008に関連したエントリー

Trackback(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Best of HITSPAPER 2008

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://antenna7.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/503

Offer Commentary

Circuit (Arata Sasaki)
 _Hitsme! Co.,Ltd.
 _High5
 _Weblog
 _Mixi Community
kotenhits! (Takashi Kawada)
 _Kotenhits!
sbr (Subaru Matsukura)
 _Ovaqe
 _Aldebaran™
nssgraphica(Munehiro Machida)
 _Nssgraphica
entropix - Taisuke Koyama
March 31, 2009
G/P galeryにて、2009年4月24日(金)より5月下旬まで、小山泰介個展『entropix』が開催される。 小山は刻々と変化していく都市を生物や自然と同じような有機体としてとらえ、都市の新陳代謝のような人工物の表面や状態、現象の細部をデジタルカメラで撮影し、有機的で抽象度の高い写真作品を制作している今最も注目の作家。
Wieden+Kennedy: A story of who we are
March 26, 2009
クリエイティブエージェンシーWieden+Kennedyのブランドブック“A story of who we are:私たちの物語”がリリース。このブックは世界中にある全7オフィスをフィルターにして、ワイデン+ケネディのユニークなストーリーを紹介し、150ページのハードカバーの1冊に納められ、それぞれのオフィスのカルチャーガイド、同社の創立者であるDan Wiedenのステッカー、東京オフィス発の音楽レーベルW+K TokyoLabのCD/DVD、そして本の裏表紙に埋まっているUSBメモリスティックで構成されている。
Soothe one-man live 2009
March 25, 2009
津軽三味線・和太鼓・ギター・ベース・ドラムからなるインストゥルメンタル ジャムバンド[Soothe]が、2009年4月25日(土)に、duo MUSIC EXCHANGEにてワンマンライブを開催する。今回のワンマンライブでは、ミュージシャンはもちろん、世界的に有名なアーティストとの映像によるコラボも予定している。初夏には3枚のアルバムも、リリースされる予定で、今回は、特別にLive会場のみでの先行発売もおこなわれる。今後注目のバンドだけにぜひ足を運んで欲しい。
DIESEL UNIVERSITY
March 23, 2009
イタリアのプレミアム・カジュアル・ブランドDIESELがディーゼルのモバイルサイトと全国のディーゼルストアにて、2009年3月11日(水)~4月7日(火)の期間限定のDIESEL UNIVERSITYを開校している。ディーゼルのモバイルサイトではDIESEL UNIVERSITYのモバイルコース“DIESEL CHALLENGE”を開講。ディーゼルにまつわるPOP QUIZを実施する。
Hackney Flowers
March 7, 2009
G/P galleryにて2月27日(金)から、今世界で最も注目される写真家の一人、スティーヴン・ギルの日本初個展となる『Hackney Flowers』を開催中。作家の代表作である同名のシリーズは全47点で構成されており、今回はオリジナルプリントを10点展示、また本展会期中には同シリーズ全47点を含めたオリジナルプリントを販売している。
Factory and Fantasy
March 7, 2009
仙台クリエイティブ・クラスター・コンソーシアムの平成20年度助成事業であるfeslabがプロデュースするイベントが2009年3月17日(火)〜29日(日)の会期で開催。テーマは「交差」。現実と空想、音楽と映像、光と影、過去と未来、視覚と聴覚といった境界線そのものを体験するインスタレーションの展示となっている。