Recommend
Recent Article
Open Close

細田守 待望の最新作「おおかみこどもの雨と雪」
高木正勝 初となる長編映画全編の音楽制作




日本はもちろん世界各国の映画賞を席巻し、今や最も注目を集めるアニメーション映画監督となった細田守。
『時をかける少女』『サマーウォーズ』に続く最新作『おおかみこどもの雨と雪』が、 いよいよこの夏公開される(7/21~)。

本作は、“おおかみおとこ”との恋をきっかけに、2人の≪おおかみこども≫の母となる主人公・花とその子どもたちの13年間の人生が描かれている。
恋愛・結婚・出産・子育て、そして、子供たちが自分の生きる道を見つけて自立する過程。
人生の様々な局面において、親として、あるいは子として、どのような選択をするのか。
“おおかみおとこ”と人間の間に生まれる≪おおかみこども≫というファンタジックな設定でありながら、誰しもが直面するリアルで普遍的なテーマがそこには浮かび上がる。

この注目作の音楽と主題曲を高木正勝が手掛ける。
長編映画全編の音楽制作は初となる高木は、本格的なオーケストレーションにも挑み、主題歌の歌唱にアン・サリーを迎え、これまでとはまた違う音楽世界を作り上げている。

細田監督が、プロットや絵コンテを描きながら高木の楽曲を聴いていたことから実現した今回の組合せ。
さまざまな出来事に真剣に向き合い、生きていく登場人物たちの気持ちに寄り添い、時には彼らを見守る大きな視点で作られた楽曲は、細田監督の世界観をより深め、観客を物語の中に引き込むだろう。

本映画のオリジナルサウンド・トラックと主題歌がシングルで発売される。どちらも、映画本編では使われていないデモバージョンも収録している。
映画のサントラとしてだけでなく、 オリジナル・アルバムとしても聞き応えある作品となっているので、是非チェックして欲しい。





「おおかみこどもの雨と雪」

2012年7月21日 ロードショー

監督・脚本・原作 : 細田守
脚本 : 奥寺佐渡子
キャラクターデザイン : 貞本義行
音楽 : 高木正勝
宮﨑あおい  大沢たかお
作画監督 : 山下高明
美術監督 : 大野広司
製作 : 日本テレビ放送網 スタジオ地図 マッドハウス 角川書店 バップ D.N. ドリームパートナーズ 読売テ レビ放送 東宝 電通 デジタル・フロンティア/ STV・MMT・SDT・CTV・HTV・FBS
企画・制作 : スタジオ地図
プロダクション協力 : マッ ドハウス
配給 : 東宝

http://www.ookamikodomo.jp/



映画「おおかみこどもの雨と雪」主題歌
「おかあさんの唄」アン・サリー 高木正勝
2012年7月11日(水)発売 VPCG-82305 ¥1,000(定価)
[収録曲]
1.おかあさんの唄
2.おかあさんの唄[デモバージョン](vo.高木正勝)


映画「おおかみこどもの雨と雪」
「オリジナル・サウンドトラック」音楽:高木正勝
2012年7月18日(水)発売 VPCG-84928 ¥2,500(定価)
[収録曲]
01 産声 / 02 めぐり / 03 陽だまりの守唄 / 04 ほしぼしのはら / 05 そらつつみ / 06 莟 / 07 ねね / 08 あたらしい朝 / 09 オヨステ・アイナ / 10 がさぶらたあた / 11 たねめみ / 12 きときと – 四本足の踊り / 13 ひふみのまじない / 14 太陽をもった日 / 15 すべての暖かいみち / 16 秘糸 / 17 あなたが編む世界 / 18 やわ らかいまなざし / 19 少年と山 / 20 あめつちひといぬ/ 21 あなたはわたしの美しいうた / 22 虹のたてがみ/ 23 雨上がりの家 / 24 おかあさんの唄
*M18,20,22:映画未使用曲
*M7,11にはショーロクラブが演奏で参加

高木正勝



音楽家/映像作家。1979年生まれ、京都在住。自ら撮影した映像の加工やアニメーションによる映像制作と、ピアノやコンピュータを使った音楽制作の両方を手掛けるアーティスト。CDやDVDのリリース、美術館での展覧会や世界各地でのコンサートなど、分野に限定されない多様な活動を展開している。オリジナル作品制作だけでなく、デヴィッド・シルヴィアンのワールドツアーへの参加、UAやYUKIのミュージック・ビデオの演出や、理化学研究所、 Audi、NOKIAとのコラボレーション制作、さらにCM、映画、ドラマ等への楽曲提供も多数手掛けている。Newsweek日本版「世界が尊敬する日本人100人」の一人に選ばれるなど、世界的な注目も集めている。
http://www.takagimasakatsu.com/

Concierge
Editor:
avatar

hitspaper

Facebook