PUGMENT 2018年秋冬コレクション「1XXX–2018–2XXX」

大谷将弘と今福華凜によって2014年に設立された PUGMENT の2018年秋冬コレクション「1XXX–2018–2XXX」が、都内3カ所で発表される。人間のいない世界で、意思や感情を持った「ファッション」が「服」を欲するというサイエンス・フィクションを元に、衣服のコレクションおよび美術作品の新作で構成された展示会/展覧会だ。
 
PUGMENT はこれまで、路上に落ちている衣服のディティールをプリントした「MAGNETIC DRESS」や、古着のミリタリーウェアを燃やした灰で作られた「IMAGE」など、映像や写真、パフォーマンスといった様々な手法を用いて衣服と人・都市・ 社会との関係性を抽出しコレクションを制作、発表してきた。
 
最新コレクションは、日本服飾史や現代に流通する日常着についてのリサーチを元に作られている。そこから選ばれた膨大な量の素材を元に、スタイリスト・小山田孝司と共同で「スタイリング」しコレクションピースを制作、展示会/展覧会を通じてサイエンス・フィクションとして再構成。会場は、KAYOKOYUKI、UTRECHT、NID / NID A DEUX と言ったアートギャラリー、書店、セレクトショップの3箇所で同時多発的に開催され、複数の場所、複数のジャンル、複数の流通形式を横断したプロジェクトとなっている。また、会期初日となる3月3日(土)にはKAYOKOYUKIに隣接するアートギャラリー・駒込倉庫にてファッションショーが行われて、さらに今春には写真集出版を手がけるNewfaveより、待望のアートブックの出版が予定されている。ぜひこちらもチェックしていただきたい。

 
 
 

PUGMENT 2018年秋冬コレクション「1XXX–2018–2XXX」
会期 | 2018年3月3日(土)― 4月1日(日)
会場 | KAYOKOYUKI、UTRECHT、N ID / N ID A DEUX
 
KAYOKOYUKI カヨコユウキ
2018年3月3日(土)― 4月1日(日)
東京都豊島区駒込2-14-14
営業時間12:00 – 19:00(日曜のみ17:00閉廊)
月・火・祝日定休
ファッションショー | 3月3日(土)16:00 *一般観覧あり、要予約
 
UTRECHT ユトレヒト
2018年3月6日(火)― 3月18日(日)
東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C
営業時間12:00 – 20:00・月曜定休
ワークショップ | 3月1 1日(日)
 
NID / NID A DEUX ニド/ニド・ア・ドゥ
2018年3月16日(金)― 3月23日(金)
東京都渋谷区神南1-3-2
営業時間12:00 – 20:00・会期中無休
レセプション | 3月16日(金)17:00 – 20:00
 

 
アートブック『1XXX–2018–2XXX』
グラフィックデザイン | 石塚俊
発行 | Newfave
発売予定日 | 2018年4月
 

 
PUGMENT パグメント
大谷将弘と今福華凜によって2014年に設立。衣服が人間の営みにおいて価値や意味が変容していくプロセスを観察し、そのプロセスを衣服の制作工程に組み込む。ファッションにまつわるイメージと人との関係性に着目し、既にある価値・環境・情報について別の視点を持つための衣服を発表する。
2017年6月には共同運営するアーティストランスペースにてファッションショーを行い、2018年春夏コレクションを発表。同年10月にはオランダ「Unseen Amsterdam」にて写真家の小林健太と協働しパフォーマンスを行った。
主な発表として「2018年春夏コレクション」(Workstation、東京、 2017)、「新しいルーブ・ゴールドバーグ・マシーン」(KAYOKOYUKI・駒込倉庫、2016)、「THE EXPOSED#9 passing pictures」(G/P gallery SHINONOME、2015)など。