プロダクトデザイナー鈴木啓太と全国8工房の職人たちがコラボレーションした「ONE FLOWERWARE」

Photo by Yudai Kusano and PRODUCT DESIGN CENTER 


 プロダクトデザイナーの鈴木啓太が発起人となり、8軒の工房が参加している「ワン フラワーウェア」プロジェクトがスタートし、オンラインストアで販売が始まった。

 ONE FLOWERWAREは、「ともに苦しいときを過ごす職人とお客さんをひとつにつなげる」という想いをこめた One と、「花を活ける花器」を示す Flowerware が組み合わせされたもの。Flowerware〈Flower(花)+ware(知覚する)〉は、Tableware や Hardware などと同じ語源を使用した造語である。 

 本プロジェクトは、モダンな丸い花器を、ガラス、青磁、木工、そして唐津焼の陶器など様々な素材や技術を使った全12コレクションで展開されるもので、新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受け、「自分たちが今世界にできることを」という想いのもと、8軒の工房が集った。

 「ワンフラワーウェア」は、和洋どちらの空間にも合う花器で、職人の手によって作られる、すべて世界に一つだけの1点物。外出自粛やリモートワークが続く毎日に、自然の美しさと手仕事のぬくもりが届けられる。販売は、オンラインで2020年5月19日より開始されている。なお、新型コロナウィルス感染症感染症への対応に尽力している全国の医療機関および従事者の方々への支援を目的として、売り上げの一部は公益社団法人日本医師会に寄付されるという。 

 コロナウィルスの影響によって、デザイン業界にもその余波が少しずつ広がっている中、またひとつ素晴らしいプロジェクトがスタートした。ぜひオフィシャルサイトよりチェックして欲しい。


Photo by Yudai Kusano and PRODUCT DESIGN CENTER 
Photo by Yudai Kusano and PRODUCT DESIGN CENTER 
Photo by Yudai Kusano and PRODUCT DESIGN CENTER 
Photo by Yudai Kusano and PRODUCT DESIGN CENTER 




ONE FLOWERWARE  (ワン フラワーウェア) 
価格 | 予価 4,400 円~ 22,000 円
問い合わせ先 | info@oneflowerware.jp
www.oneflowerware.jp

Participants 
・菅原工芸硝子―千葉県 / ガラス
・鍋島虎仙窯―佐賀県 / 鍋島焼(磁器)
・イワタ木工―広島県 / 木工
・杉谷窯異中庵―佐賀県 / 唐津焼(陶器)
・岸岳窯三帰庵―佐賀県 / 唐津焼(陶器)
・椎ノ峯窯―佐賀県 / 唐津焼(陶器)
・鏡山窯―佐賀県 / 唐津焼(陶器)
・大杉皿屋窯―佐賀県 / 唐津焼(陶器) 

鈴木啓太 プロダクトデザイナー 
1982 年生まれ。祖父の影響で幼少より骨董に興味を持ち、ものづくりをはじめる。
多摩美術大学プロダクトデザイン科卒業。 2012 年「プロダクトデザインセンター」設立。 
productdesigncenter.jp