美術家、作曲家、人類学者、建築家のアーティストが協働し、人間同士や人間と非人間の「共存」「共生」をテーマに対話する『「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」―コレクティブ以後のアート』


 torch press より、第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展で、下道基行、安野太郎、石倉敏明、能作文徳、服部浩之らが開催した展示「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」の内容をつぶさに振り返り、さらにそこから発展させた様々な現代におけるトピックを、作家自身や、多彩な表現者との対話によって再考する一冊『「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」―コレクティブ以後のアート』が刊行される。
 「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」は、キュレーターの服部浩之を中心に、美術家、作曲家、人類学者、建築家という4つの異なる専門分野のアーティストが協働し、人間同士や人間と非人間の「共存」「共生」をテーマに構成されたもの。これは、ジャンルの異なる5人によるコレクティブを「共異体」を呼び、「津波石」を起点に、創作神話、映像作品、音楽、その音を出す装置としてのバルーンなど複数の要素が共鳴し合う展示空間である。
 本書では、論考、インタビュー、展示風景のみならず、日記形式の制作プロセスや参加作家による振り返り座談まで、幅広く収録されている。また、2022年に開催されるドクメンタ15のディレクターを務めるルアンルパのアデ・ダルマワンや、新しいエコロジー思想を唱える哲学者・思想家の篠原雅武らが迎えられ、現代美術において注目を集める様々なトピックの考察や、エッセイでは、文化人類学的な視点を含んだアプローチや、音楽と美術の境界、物質として残らない作品や展覧会のアーカイブなど、それぞれが現在的な美術の問題が扱われている。
 ひとつの展覧会から広がる可能性の数々、あるいはコレクティブとしての意義を共に考える、同時代を生き抜くための指南書とも言えそうな内容だ。ぜひ手にとって欲しい。




『「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」―コレクティブ以後のアート』
著者 | 下道基行、安野太郎、石倉敏明、能作文徳、服部浩之
定価 | 2300円+税
発売日 | 4月中旬予定
仕様 | B5変型/ソフトカバー/248ページ/モノクロ(一部カラー)
デザイン | 田中義久
発売元 | torch press

関連展示 第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館展示帰国展
「Cosmo-Eggs| 宇宙の卵」
アーティゾン美術館 2020年4月18日~6月21日 
*コロナウイルスの影響で会期が延期となりました。
www.artizon.museum

服部浩之
1978年生まれ。キュレーター。秋田公立美術大学大学院准教授。アジアを中心に展覧会、プロジェクトなどを展開。「あいちトリエンナーレ2016」「近くへの遠回り」(キューバ、2018)など多数企画。
下道基行
1978年生まれ。美術家。代表作に、日本の植民地時代に残された世界各地の鳥居を撮影したシリーズ《torii》や、大津波により海底から陸上に運ばれた巨石を取材し撮影したシリーズ《Tsunami Boulder》がある。
安野太郎
1979年生まれ。作曲家。作曲とメディアアートを学び、アーティストとのコラボレーションも多数実施。代表作《ゾンビ音楽》は、複数のリコーダーに空気を送り込み、自動演奏によって奏でる音楽作品。
石倉敏明
1974年生まれ。人類学者。秋田公立美術大学美術学部准教授。神話や宗教を専門とし、アーティストとの協働制作を行うなど、人類学と現代芸術を結ぶ独自の活動を展開している。
能作文徳
1982年生まれ。建築家。建築設計だけでなく、アート作品、空間インスタレーションも手掛ける。2016年第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展では日本館展示に出品し、特別表彰受賞。