Interview
Recent Article
Open Close

Scholten & Baijings / Interview with Stefan Scholten, Carole Baijings


photo: Freudenthal Verhagen


Interview & Transration by Arata Sasaki

2000年、Stefan Scholten と Carole Baijings により共同設立された デザインスタジオ Scholten & Baijings。 細部まで意識された完璧なディテール、シンプルな形態を目指すミニマルデザイン。ウィットに富んだ多彩な色によるエモーショナルデザイン。 この二項を行き来し、規律と穏やかさを併せ持つ彼らのデザインにはどのような思想が眠っているのだろうか。 今回は、Scholten & Baijings のデザインフィロソフィーやスタジオの社会的役割、日本に対する視点など話を窺った。 http://www.scholtenbaijings.com/



- あなた達について教えて下さい。どのような経緯を辿って来られたのですか?

Stefan: キャロルと私が初めて出会ったのは、彼女がアシスタント・ディレクターとして、とあるアムステルダムに在るクリエイティブ・クラブのバーをデザインするというプロジェクトでした。 チーム結成のきっかけは、一緒に手作業で部屋に塗装を施した事と言えますね。

Carole: このコラボレーションを通じて、すぐに意気投合することになったのです。

Stefan: そうなのです。 新婚旅行でさえ EKWC (ヨーロピアン・セラミック・ワークセンター) に決定しましたからね。 公私共に、非常に上手くいっていますよ。


- Could you tell us about your history?

Stefan:
I’d designed a bar for a creatives club in Amsterdam where Carole was working as an assistant director. That project was really our first collaboration. It was very hands-on; among other things we painted a room together. You might say work brought us together.

Carole: It clicked immediately when we happened to run into each other on the beach around that time.

Stefan: Yeah, we even spent our honeymoon in the EKWC (European Ceramic Work Centre in ’s-Hertogenbosch – ed.). So the studio and our private lives are irrevocably intertwined.




Colour Wood for Karimoku New Standard Japan
photo: Takumi Ota


Colour Stool pink for Karimoku New Standard Japan
photo: Takumi Ota



- 作品を制作するプロセスを教えて下さい。

Carole: 特別な工程を経ますね。 まず、紙のプロトタイプを制作します。 これは、新しい形態をいつも探求するからですが、この行為を”コンストラクティブ・シンキング”と Scholten & Baijings では名付けています。 この “コンストラクティブ・シンキング” から始まり、色・マテリアル・テクスチャー・触知性を徐々に融合させていきます。 こうした Scholten & Baijings のデザイン・プロセスは、2006年~2011年まで、デザイン・アカデミー・アイントホーヴェンのアトリエで教えていましたから、 皆さんこのプロセスをはっきり認識してくれていると思っています。

Stefan: すべては、デザインをするという行為以外が重要です。 コンピュータによるデザインのような新しい技術は非常に有益なものですが、Scholten & Baijings では、それらのツール自体にフォーカスしている訳ではありません。 私達がフォーカスしているのは、技術そのもの。 手仕事をする事は、直接的なフィードバックを与えるものです。 マニュアル内に描かれたデザインスケッチも、実際のプロトタイプでは均衡が整わないかもしれないのです。 ただ、注意しなければいけないのは、『ハンドクラフト』という言葉に付き纏う見せ掛けの概念です。 私達は、表層的な『ハンドクラフト』ではなく、寧ろモノを作るプロセスの中で偶発的に産まれた結果が大事だと考えています。


- Could you tell us about process of work?

Carole: The way we work in our workshop is special. By making paper models, we arrive at new forms. We call this “constructive thinking”. In fact we’ve been teaching this way of working from 2006 till 2011 at the Design Academy Eindhoven, in the ‘Atelier’ department. Within the design process we combine this method with colour, material, texture and tactility. People now refer to this as typically Scholten & Baijings.

Stefan: For us everything comes out of working on a design. New techniques such as computer-aided design are quite useful, but we’re not focused on these tools. We care about skills. Working by hand provides very direct feedback. The handle on a cup that looks right in the design drawing might not be in proportion in a cardboard model. You can see that right off. We’re not concerned with a glorified notion of “handicraft”, but rather with the surprising results that can only emerge during the process of making the object.





Colour Platter Sand for Karimoku New Standard Japan
photo: Takumi Ota



- “Paper Table” という作品について教えて下さい。何故、紙に着目したのですか?

現代のダイニングカルチャーは、多様な世界を私達に見せてくれます。 ここから遥か遠くに住む外国の人は、きっと、このプラスティック・フォークを赤や黄色のボール紙に突き刺したりせず、 紙で出来た特別の皿で食事を楽しんで、ポエティックで柔らかな満足感を得てくれるものだと願っています。

Stefan: “Paper Table” は、私達が抱いている食卓に於けるアート・ヴィジョンを表現するものです。 Royal Leerdam Crystalや Koninklijke Van Kempen & Begeer、Audax Textile Museum Tilburgは、このプロジェクトに協力してくれました。 これらの3組のパートナーは、歴史的な伝統を持ったオランダの職人且つプロダクションで、定期的に私達のグループとしてお互い作用しながらプロダクトの開発を行っています。

Carole: “Paper table” は、繊細さと優雅さが融合されています。 繊細な素材のボール紙モデルは、淡いグレーが施され、つや出ししてない磁器カップやプレートとして見立てが行われています。 そして、現代的な食卓用リネン、様々なシチュエーションに組み合わせ可能なナプキンとテーブルクロス、シンプルなガラス製品とカトラリー(食卓食器類)をセットでデザインしています。


- Could you tell us about your work called “Paper Table”? Why did you have an eye to paper?

In contemporary dining culture one encounters worlds of difference. From here to Timbuktu, masses of people jab little plastic forks into the trademark red and yellow cartons, while experiments in molecular gastronomy are served on specially designed crockery that results in an other aesthetic immersion reserved for the happy few.

Stefan: In the Total Table Design project we have shown our vision for the art of dining. Royal Leerdam Crystal (glassware), Koninklijke Van Kempen & Begeer (cutlery) and the Audax Textile Museum Tilburg (table linen) joined forces to produce prototypes of our designs. All three partners can boast of a long tradition of artisan production and they regularly work in conjunction with a select group of designers from the Netherlands and beyond.

Carole: Paper table´ combines subtlety with elegance. The folded cardboard models for the crockery are translated into light grey, unglazed porcelain cups and plates, playing with the suggestion of cardboard delicately. For the table linen we looked for a contemporary solution: we designed two sets containing of napkins and table runners which can be used in various combinations. Our design is completed with a set of sober shaped glassware and cutlery.




Paper Table photo: Scheltens Abbenes


Paper Models


Paper Porcelain



- TOYO Kitchenで展開された、世界遺産飛騨白川郷保存のチャリティプロジェクトで、エスタブリッシュド&サンズのコレクションの中にもある ビュートのグラフィックを使用していますが、なぜこのモチーフを提供したのでしょうか?

Stefan: ユーモア、ポエティック、且つ、歴史的な文脈を持つことが私達の作品にとっては重要なことです。 ビュートは、エスタブリッシュド&サンズの主要なコレクションの一部で、私達の作品という観点では、先程の重要な要素を含む代表例です。

Carole: 今回の白川郷の保全プロジェクトは、今あるものを保存するというより、未来に向けたアプローチであるという姿勢であった為、 環境問題を意識したビュートが相応しいと思い、ビュートのグラフィックを提供しました。

ビュートは、オランダの伝統的な旅行用の木箱なのですが、私達は3つの異なるデザインをしました。 これらの木箱は、ベニア板が使用され、箱と蓋の内側は、蛍光オレンジ・ブルー・ピンクで塗装されていますが、 実際、16~17世紀の漁師によって使用されていたもので、中には漁師のパーソナルな所有物が入れられ、外面には旅の途中で見たクジラやホッキョククマが描かれていました。 こうしたプロダクトの持つ文脈を汲んで、現代のストーリーを描き、色や形状をリデザインする事を思い付いたのです。 ビュートは3つのサイズがあり、それぞれの物語を手描きのイラストレーションとしてプリントしています。 イラストレーションは、マグロ、亀、木の一生を描き、森林伐採や農業による開拓などで破壊される環境問題への喚起を促していますが、 それらは、ポエティック且つユーモアを持つ、潜在的に訴えかけるものとして工夫されています。


- Could you tell us about charity t-shirts of TOYO kitchen? Tell us about setting off Participation.

Stefan:
Humour but also poetry and history are significant for our work. The Buttes, which are part of the principal collection of Established & Sons London, are an example of our work where all these elements come together.

Carole: The Butte is a Dutch age-old wooden travel box. We have designed 3 different boxes. These boxes are hand-made with wood veneer. The inside of the case and the inside of the cover is painted with fluorescent orange, blue or pink. These travel boxes were used by fishermen who lived in the 16th/17th century. The fisherman transported their personal belongings in the boxes. They were painted with whales or polar bears, which the fishermen saw on their journeys. We redesigned the shapes and colours and drawn stories from our time on the products. The Buttes are available in three sizes, each tells it’s own story through hand-drawn printed illustrations. The drawings visualise ‘the life of a tuna fish’, ‘the life of a turtle’ and ‘the life of a tree’, raising the environmental implications of farming and deforestation. It’s poetic, and has a sense of humour and a deeper meaning.





Butte Turtle for Established Sons



- 色という要素を大事にされていますね。色にこだわっているのは何故ですか?

Carole:
ガラスや木、ウール、磁器によって構成された食卓用品が私達の作品の大半を占めますが、色とマテリアルは私達の作品を特徴付けるサインのようなものです。 色に関して言及すれば、バランスが命だと思います。 色はデザインを構成する主要部分の一つであり、驚くべき効果を与えます。 例えば、鮮明な色は、小さなものの存在感を示し、逆に抑えられた色合いは、面積の大きなものの印象を和らげることが可能です。 色は内側と外側で作用するので、例えば、眩いピンクと白、もしくは2~3色を抽出することでシンプルなオブジェクトに表情を与えることが出来ます。 ミニマルな形に於いて、色はグリッドとレイヤーと同時にプロダクトに構成する余白を上手く引き出すものです。 そして、幸運にも色は流行として時代を創っていくこともありますよね。

Stefan: 通常の塗色は表層の処理、付け足しと捉えがちですが、私達の作品に於いては出発点。 色は、私達のデザインに於いて、外から顕われ出るものだと考えています。 それは、色の中に対象を見出すという事。 私達の作品はミニマルな形状なので、色、マテリアル、レイヤーが非常に重要な意味を持ってきますが、同時にこれらの要素の結びつきは非常に困難である事も事実で、 『絶妙なセンスの組み合わせなので、私達の作品を完璧に細部までコピーすることは難しい』と冗談を良く言う程です。 また、様々なナショナル・クライアントのプロダクト制作に関わると、色がそのクライアントのキーカラーとなっている事が解ってきますが、そのアプローチの多様性が、色の可能性を証明しているように感じますね。



- Scholten & Baijings’s works have a huge variety of color. What is an obsession with colour?

Carole:
Colour and a passion for materials is a signature of our work across diverse products from furniture, textiles to tableware made from glass, wood to wool and porcelain. It is a considered use of colour, where balance is key. In this way, colour becomes a highlight, used in the right dose to create a sense of astonishment. Minimal forms provide the canvas for vivid palettes and subdued shades tone down their louder counterparts. Or colour is inter played on the inside and outside, for instance, the blinding pink is balanced with white for Table Glass or a few key colours are used to animate a collection of simple objects as seen in the Paper Table. ‘As the forms are quite minimal, colour alongside grids and layering gives the products an extra level of detailing,’ Scholten continues. Occasionally though, more is more and the proliferation of multi-colour, in particular with the Colour Plaids, catches us off guard…happily.

Stefan: As opposed to being a surface treatment or last minute after-thought, colour forms a starting point for our work. ‘Colour comes out of the way we design. We immediately see an object in colour,’ says Carole Baijings. ‘Our shapes are minimal so we think in colour, materials and layering. ’On the studio side, it’s an investigative way of working, much through prototypes and sketching, while production-wise, industrial techniques are combined with traditional craftsmanship. The work demonstrates a sensitivity and thoroughness that was sometimes a challenge for their producers: ‘We’re not afraid that our products or colours will be copied because they’re difficult for us to even produce!’ jokes Scholten. Examining their working methods for different international clients from making one-off pieces to limited editions to commercial products sheds some light on their approach where each process has its own relationship to colour.






Amsterdam Armoire



- 仕事を通じて探求、表現したいことは何ですか?

Carole:
私達のキーワードは、色、細部の美しさ、レイヤーの重なり、透明性、そして、異なる素材や手描きのイラストレーションの融合です。

Stefan: このような手法を用いるのは、誰が制作したかも解らないアノニマスの大量生産へ対抗する為の手段であるからです。 これは、私達のスタイルで最も重要な特徴の1つであると言えます。 そこには、オリジナリティを示す強い印が必要です。 時の試練に耐えるモノとは、個人の表現、そこにストーリーが介在する作品だと考えています。 デザインの物語は有史以前から始まっていて、例えば、石器時代の穴居人はすでにデザインという行為を行っていました。 そして、遥か昔の人間は、単なる機能以上のものにも関心を示していた。 彼らは、装飾の為に余分なラインを彫ることも、そして、より良いグリップにする調整も行ってきたのです。 こうしたことを踏まえると私達のデザインは遺伝子の中に眠っていると言えるかもしれません。


- What are you trying to seek and express through your work?

Carole:
Our signature, in key words, is colour, rich detail, layers and transparency, coupled with hand-drawn illustrations and the combination of different materials.

Stefan: We use these elements to transcend anonymous mass production. That’s one of the most essential features of our style. There’s a need for a personal imprint. Objects that stand the test of time are always those in which you can see a story, a way of working or a personal expression. The story of design begins with the prehistoric axe-head. The caveman who made that object was already working with design. Long before our era, he cared about more than mere functionality. He’d carve in an extra line for decoration, or adjust the shape for a better grip. So in that sense, design is really in our genes!




Motorhood from ‘Colour One’ for MINI by Scholten Baijings



- あなた達の将来の予定を教えて下さい。

4月にミラノサローネ国際家見本市で新しいプロダクトをリリースします。 (下記より日程をご確認下さい)

- Could you tell us about your future (mission) ? The following new products will be launched at the Salone del Mobile in Milan in April:

PRESENTATION 1 ‘Colour One’ for MINI by Scholten & Baijings
- A design installation that explores the world of a car in the area between facts and imagination. The non-automotive design duo visualises the layered structure of the MINI One in startling textures, entrancing colours and skilled craftsmanship.

Location 1:
MINI
c/o INTERNI
Università degli Studi di Milano
Via Festa del Perdono 7
Cortile 700

Opening hours: 16-22 April, 10.00-24.00

PRESENTATION 2
‘Colour Porcelain’ – Launch of the extensive tableware for one of the oldest Japanese porcelain manufacturers, 1616 Arita, composed of series of mugs, plates, platters, trays, a tea set, chandeliers and vases. ‘Colour Porcelain’ is a unique fusion of Asian craftsmanship and European culture.

Location 2:
Spazio Rossana Orlandi
Via Matteo Bandello 14
20123 Milan

Opening hours: 17-22 April, 9.30-20.00

PRESENTATION 3
‘Colour Bin’ & ‘Colour Wood Dining’ – Karimoku New Standard (Japan) will launch a new series of coloured bins and an extension of the successful ‘Colour Wood’ side tables by Scholten & Baijings. ‘Colour Bin’ and ‘Colour Wood Dining’ are made according traditional Japanese craft techniques and characterised by typical Scholten & Baijings’ colour shades and patterns.

Location 3:
KARIMOKU NEW STANDARD
Erastudio Apartment Gallery
Via Palermo 5, third floor
20121 Milano, Italy
Tel. +39 02 391 985 15

Schedule: 17- 22 April, 11.00-19.00 / 19 April 11.00-17.00
Press meeting : 19 April, 10.00-11.00 Event with Arabeschi di Latte (limited access): 19 April, 18.00- 21.00

PRESENTATION 4
‘It’s a wrap’ – Launch of the chair ‘It’s a wrap’ for Arflex, the first design by Scholten & Baijings for an Italian manufacturer. For the chair a special textile is developed, produced by Arflex. The fabric literally forms the chair. It consists of a piece of fabric, which is generously wrapped around the core of foam.

Location 4: Salone Internazionale del Mobile di Milano, Hall 7, stand D10



- 社会の中でデザインスタジオの役割は何だと考えますか?

Stefan:
私達にとってデザインすることは情熱で、12年前からスタートして以来、現在でもそれが唯一のゴールです。 長い時間を掛けてプロダクトを研究し、古き良きオランダの職人から学び、インスピレーションを得る。 それはポエティックなアプローチであり、デザインに必要な事だと思います。

人類は世界を変えました。
もし、あなたが歴史的観点からデザインを見るのであれば、ニール・マグレガー(イギリス美術館ディレクター)に聞いてみると良いでしょう。 紀元前1,800,000年から存在する手斧がイギリス美術館に存在しています。 それは、骨、植物と木を切断するのに用いられていたもの。 過去を紐解けば、デザインとは手段であったと言えるのではないでしょうか。

Carole: 私達は、人がデザインに魅せられて、家でその道具を愉しんでいてくれたら嬉しいです。 デザインが視覚的に持続可能なものであり、つまり、お気に入りになって使い続けてくれる事ですね。 そして、願わくば、時代を越えて受け継がれて行って欲しいと思います。 良質のデザインとは、広く多くの人間に伝播するものだと思うので。


- What do you think your role as design studio in the society?

Stefan:
For us designing is about passion. That’s one of the goals since our start up 12 years ago. We therefore take time researching the product, get inspiration and investigate how to work with old (Dutch) craft techniques. We also see it as a poetic approach, which presents a way to raise awareness for and with design. Mankind has changed the world. Design is the instrument. If you see design in a historical perspective, the hand axe from 1,800,000 BC is, according to Neil MacGregor (director of the British Museum), the oldest object, tool, in the British Museum. It was used to chop bones, plants and wood.

Carole: We hope that people will feel attracted to our designs and would enjoy having them in their homes. Our aim is to design products that are visually sustainable and therefore cherished. And hopefully passed on from generation to generation. Designs that are also accessible to a wide public.




Colour Plaid photo: Inga Powilleit



- デザインは、世界で起っている深刻な問題、戦争や金融危機、テロリズムや環境問題への解決の方法になり得ると思いますか?

Carole:
もしそれが叶うのならとても素晴らしいことでしょうね! しかし、それらはデザイナーの役割ではないと思います。 私達の役目は、”日々の生活環境を少しでも改善できるデザインを提供すること”にあると思っています。


- Do you think “Design” could be the solution for serious problems happening in the world like finance crisis, war, terrorism or environment, issues?

Carole:
If that could be true it would be great!! but we guess that role isn’t reserved for designers. We do like to make the living environment more pleasant though.





PO presents Pastoe



- 最後に日本人に向けてメッセージをお願いできますか?

Karimoku New Standardと1616 Aritaを親交のある柳原照弘とコラボレーションした事で、日本人が非常に人当たりの良い、素敵な人々であると確信しました。 共同作業をすることによって、特別な経験として大きな信頼を築くことが出来たのです。 そして、特に、私達が印象深かったことは、日本人の豊かさの質です。 例えばそれは、集中力、フォーカスする力、時間への規律、献辞、信頼性、忠誠心、親切心、心暖かさなど人間としての完成度。 私達は日本が非常に大好きになりました。 美しい花を咲かせる木々、様々な種類の実験的なコーヒーやお茶、暖めてくれる便座、常に適切な場所で止まる安全なメトロ、寿司バーや魚市場、行列に並ぶ礼節を弁えた人々、美しい包装、幾重もある紙達、日本語シンボル、着物、伝統、儀式、茶道、明確な美学的思想など、日本は本当に素晴らしいものを所有していると思います。 東京は西欧のようでありますが、日本人は必ずしもそうではない。 そして、私達は、特に数世紀にも及ぶ手工芸にも心を動かされました。 こうした伝統が守り培ってきた知識は、現在荒廃する地方再建において非常に重要だと考えます。 私達は、ちょうど1年前大きなの悲しみを共有しましたが、同時に日本人の不屈の精神を賞賛し、 現在では、日本が3.11という甚大なる災害から復旧する為の勇気と力を再度見つけると確信しています。 日本は必ず世界を切り開く。 それはきっと世界の人々にとっては、素晴らしい贈り物になるのではないでしょうか!


- In conclusion, can I have the message from you to the Japanese people?
Through our collaboration with Karimoku New Standard & 1616 Arita and our friendship with designer Teruhiro Yanagihara, we have come to know the Japanese as very amiable people. We were especially impressed with their wealth of qualities: the high degree of perfection, concentration, focus, punctuality, dedication, reliability, loyalty, and the kindness and warmth of the people. We perceived the trust that they placed in us during our collaborative efforts as a very special experience. We love the country: the flowering trees, the vending machines on virtually every street corner dispensing different kinds of coffee and tea, the heated toilet seats, the metro that always stops in the right place, the sushi bars, the fish market, the orderly queues of waiting people, the beautiful packaging, all varieties of paper, the Japanese language symbols, the kimonos, traditions and rituals, the tea ceremony, their specific aesthetic sense. Tokyo: so Western, yet so Japanese. We have been particularly inspired by their centuries-old crafts. This knowledge will now be invaluable in the reconstruction of the devastated regions. We are fully convinced that the Japanese people will once more find the courage and strength to recover from this tragic disaster. Just one year ago..we share their grief and admire their fortitude. We see Japan is opening up to the world. Thank you for that gift!

Concierge
Editor:
avatar

hitspaper

Facebook