Blog

Facebook

アイディアは木の実から Sun.01 2012

こんにちは。 Ribbonesia 麦です。 札幌は、ここ数日28℃を越え、夏の様相です。 北国の夏は、本当に短いので、なるべく外で陽の光を 浴びたいと思いつつ、結局籠って制作の日々です。

本日は、そんな制作の話を少し….

Ribbonesiaチームにおける自分の役割は、 基本、リボンを織って実物を作ることです。 メインのアクセサリーはもちろん、Ribbonesiaを 使ったジオラマやウィンドウディスプレイなども行います。 制作したRibbonesiaは、その後、吉川、上田等チームで 話あい、修正やボツも含め、よりベストな形で世に出て行きます。

以下は、チームに出す前の制作に関するお話。

動物の顔や形をかたどったリボンの制作に関しては ただひたすらトライ&エラーの連続、右に通すか、左に通すか、 はたまた真ん中に通すか、全部試してみて、自分の中での正解を ひたすら求め続けます。その合格ラインは、非常に個人的であり、 感覚的ですが、例えると『何回もバットを振り、芯に当たって、打った瞬間、ホームランと わかる』(野球はしませんが)、きっとそんな感覚です。

その瞬間は、実際手を動かして制作したものから、頭の中の小さなアイディア だけのものまで、たくさんあります。

もちろん、その感覚はただボケッとしていてもやっては来ないので 自分の場合は、ひたすらスケッチなどに頭の中のあいまいなビジュアルをペンや絵の具を使い より具体化して描いていきます。そして、そこから生まれたものがまた 目を通し、ビジュアルとして頭に入り、思いもよらぬ化学変化を産み出します。

あとは、外部からのインスピレーションですが、北海道という土地柄なのか はたまた年齢のせいなのか、普段通勤でみかける雑草や花、木、木の実、雲、鳥、冬であれば 雪や氷の造形、蟹!!そういった身近なものや、札幌の動物園、ディスカバリーやNHKの ネイチャー系ドキュメンタリーの映像から多大な影響を受けています。

そんな中でも、最近のお気に入りは木の実、持ち運びの手軽さや、保存のしやすさ などから、まめに収集するようにしています。 いまは、一番「菱の実」が欲しいですね…誰か「菱の実」をください。

話がずれましたが、こと自然の産み出したもに関しては、「いったい誰がこんなにも美しいものを 考えたのであろう..」と、もう溜息が出てしまいます。

アイディアのきっかけは、そこら中に落っこちています。 みんさんも是非、木の実拾いを!(しつこい)

 

以下、アイディアスケッチの一部や集めている木の実