Asia Creative Spot
Powered by IMG SRC
Recent Article
Open Close

Cracker Your Wardrobe

cracker01.jpg
「Cracker Your Wardrobe」2011年3月の表紙。


常に流行を生み出すストリートの若者達にフォーカスを当て、今、韓国のファッション業界で注目を集める雑誌「Cracker Your Wardrobe」。「セレブでもなく、トップモデルでもない、一般の人々に注目したかった」と語るのは、1984年生まれの編集長、ジャン・ソクジョン氏。他人のワードローブの内側から、ショッピングでの戦利品、お弁当の中身に至るまで、読者の好奇心をそそる幅広いコンテンツには、大手の雑誌とはひと味違う独自の編集力が光っている。今回は、日本でまだ未発売の「Cracker Your Wardrobe」を編集長のジャン氏に紹介して頂いた。



- 「Cracker Your Wardrobe」を始めた理由を教えてください。

Chang Sukjongとても単純です。僕の夢は雑誌を作ることでした。しかし、何をするにもとても長い時間を要するメジャーな雑誌には足を踏み入れたくはなかったんです。Crackerは4名のスタッフで制作しています。創刊当初は、正規に流通させるための予算もなかったので、フリーマガジンとしてスタートしました。



- 「Cracker Your Wardrobe」のコンセプトは何でしょうか?

Chang Sukjong主となるコンセプトは、セレブでもタレントでもない一般人が登場するということです。僕達が紹介しているのは、一般の人々のファッションなんです。メジャーなファッション誌では、トップモデルがグローバル・ブランドのファッションに身を包んでいます。しかし、僕達の雑誌の場合は、グローバル・ブランドのファッションに身を包んでいるのは一般の人々。つまり、ここでのメイン・コンセプトは、街を歩く普通の人達の物語です。



cracker02.jpg
最も人気のあるコーナー「Attack!!! Your Wardrobe」では、読者の自宅を訪れ、ワードローブの中身を紹介。

cracker03.jpg
寝る前につい考えてしまう明日のコーディネートを提案してくれるコーナー。

cracker04.jpg
高価なファッションと低価格ファッションのコーディネート・バトル「Cheap Clothes vs. Expensive Clothes」。



- 現在では雑誌は有料化され、広告も掲載されていますが、この雑誌でビジネスを行うことを初めから考えていましたか?

Chang Sukjong最初はビジネスを行うことは全く頭になく、個性溢れる一般の人々が沢山掲載される雑誌を作ることだけを望んでいました。そこからさらに高いクオリティを求めて、人材を増やすためにビジネスを考え始めたのです。韓国の雑誌の殆どは、広告による利益で運営されています。例えば、コンテンツが6割に対して、広告が4割といった具合です。しかし、Crackerにはコンテンツ8割、広告2割という決まりがあります。そのため、収益の殆どは雑誌自体の売り上げから来ています。僕達は頻繁にアイテムの金額を表示したり、記事稿を掲載したりはしません。商業的になりすぎてしまいますからね。雑誌は常に高いクオリティを維持するべきだと思います。沢山の広告を入れることは重要ではありません。



cracker05.jpg
こちらのページでは、お気に入りのデイリーアイテムやコスメを紹介。

cracker06.jpg
最近買った新しいアイテムを紹介する「I bought new stuff!」(左)と、お弁当の中身を紹介する「Your lunch box」(右)。

cracker07.jpg
相談コーナー「なんでも聞いて」では、様々な人があなたの悩みを解決してくれる。



- 「Cracker Your Wardrobe」が雑誌の発行以外に行っている活動はありますか?

Chang Sukjong後に社名変更する予定ですが、雑誌と同名の広告制作会社を設立しました。この会社では、ファッション広告やCMの制作、ほかにもルックブックやCrackerのクライアントの印刷物の発行や制作を行っています。また、他の韓国の雑誌よりも一歩進んで、マーケットのコンサルティングなども行っています。つまり、Crackerはファッション・ブランドにとって、ただの雑誌ではなくファッション・マーケティングの総合的なプラットフォームなのです。



- 創刊から約4年が経とうとしていますが、今日までの間に韓国の若者のファッションはどのように変化したと思われますか?

Chang Sukjongこの4年間、僕は韓国の若者のファッションをとても注意深く観察してきました。それが仕事ですし、とても楽しい趣味でもあります。彼らのファッションはことあるごとに変化していて、個性を考慮することなく、ブランドによるスタイルやトレンドを追いかける人が殆どです。しかし、徐々に自分のスタイルを確立していくのではないかと思います。みんな日々努力していますから。



cracker08.jpg
あるアイテムを読者にプレゼントし、その使用感を語ってもらうコーナー。この回では、New Balanceのバッグについて紹介されている。

cracker09.jpg
毎年の創刊記念の際には、過去に登場した人々を訪れ、その変貌振りを紹介。



- ソウルでインスピレーションを与えてくれる場所があれば教えてください。

Chang Sukjong特にはありません。僕の彼女がインスピレーションの源です。





Cracker Your Wardrobe

2007年9月に創刊された韓国・ソウル発の月刊ファッション誌(創刊当時はフリーマガジン)。毎月1日発売、発行部数2万部。一般の若者のファッションや彼らのライフスタイルにフォーカスを当て、人気を集める。読者層は20代が中心。アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、日本はもちろん、アルゼンチン、イスラエルなど世界16カ国のフォトグラファー、ファッション・ブロガー、ファッション・エディターともパートナーシップを組み、世界のファッション・リーダー達をスナップ写真としても紹介している。iPhoneアプリは無料で配布中。

価格:3,800ウォン(270円)
発行:NM Media
編集長:Chang Sukjong
ウェブサイト:http://thecracker.co.kr/
iPhoneApp(2011年3月号):http://p.tl/QHjS
価格:無料

Concierge
Editor:
avatar

hitspaper

Facebook