Art & Design
Recent Article
Open Close

荒木経惟 20×24 INSTANT FILM
世界最大のヴィンテージインスタントカメラで撮影された作品群



「写真は私である。」と常々語り、ポラロイドカメラが愛機のひとつである荒木経惟の 20×24 インチ・インスタントフィルム作品初個展が TSUTAYA 代官山店と、IMPOSSIBLE PROJECT SPACE の両会場で開催される。

IMPOSSIBLE PROJECT SPACE 会場では、2011年6月に台北で開催され、大成功をおさめた荒木経惟「遺影 BLACK FRAME」から主要な作品も展示され、同時に、20×24インチフィルムと同寸サイズの作品集(限定版/作家サイン入り)も刊行される。

20×24インチのインスタントフィルムは、ポラロイドが生産していた頃、緻密な再現性とスピーディな現像能力から、医療や建築の現場での使用を主に意図していたという。 そして、現在、同じサイズのインスタントフィルムが、まったく異なる特性を持って出現した。 ポラロイドがフィルムの生産から撤退してのち、機械と職人をひきとりアナログインスタントフィルムの存続に挑み、遂に、現像機能に、気温や湿度などの環境とともに揺らぎ変幻する新生インスタントフィルムを産み出した。

2011年暮れ、重量200KGにおよぶ、20×24インチサイズの世界最大のポラロイド社製ヴィンテージインスタントカメラが日本に上陸し、写真家と技術者が、そのフォーカスを結び、フィルム上を流れる現像液の適正量を耳で計測するため、何度も調整が行われたという。 写真家 荒木経惟はそのその被写体に永年にわたる彼のミューズ、KaoRiを選んだ。これらの作品は、ちいさな偶然と必然が充満し絡み合い、時の経過が織り込まれて生成された奇跡とも呼べるものたちだ。
是非、足を運んで戴きこの出会うべくして出会った両者の奇跡を観て欲しい。





荒木経惟 20×24 INSTANT FILM

会期 : 8月14日(火曜日)〜9月14日(金曜日)

会場 :
蔦屋書店代官山1Fギャラリースペース
渋谷区猿楽町17-5
www.tsite.jp/daikanyama

Impossible Project Space
目黒区青葉台 1-20-5 2F
www.the-impossible-project.jp

Concierge
Editor:
avatar

hitspaper

Facebook