Art & Design
Recent Article
Open Close

PINA BAUSCH TRIBUTE
映像と音楽で綴る舞踊家ピナ・バウシュの軌跡




世界中で愛され、惜しまれながらも2009年にこの世を去った天才舞踊家ピナ・バウシュ―の命日6月30日に生前彼女が立ったステージで行われる特別追悼公演が開催される。 
本催事は、作品映像のスクリーン上映と三宅純のトリビュートコンサート(ピナ・バウシュ劇中使用曲他のライブ演奏)を行うものとなっている。 

上映作品は、ピナ・バウシュ本人が出演する数少ない作品の一つで、初期の最高傑作ともいわれる「カフェ・ミュラー」。
今回はブッパタール舞踊団の意向により、ピナ本人の監修の下1985年に撮影された映像が上映される。フルコンサート仕様の音響設備を使用したスクリーン上映は本邦初だ。ダンサーとして絶頂期にあったピナのソロダンスが見られる貴重な映像となっている。

三宅純 トリビュートコンサートには、映画「PINA ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」でも主要楽曲で歌声を聴かせたリサ・パピノー、ワールドミュージック界の至宝ブルガリア・コズミック・ヴォイセズ合唱団ら海外からの豪華ゲストと、東京の最高のミュージシャンが集う。サウンドデザインは坂本龍一らの公演も手掛けるzAkが担当する。

二度もない豪華な面子での特別追悼公演を是非チェックして欲しい。





PINA BAUSCH TRIBUTE
映像と音楽で綴る舞踊家ピナ・バウシュの軌跡

日程 : 2012年6月30日(土) ※ピナ・バウシュの命日
会場 : 新宿文化センター大ホール 開場14:30/開演15:30
特別協力 : ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団、ピナ・バウシュ財団
主催 : PARCO
公式HP : http://pinabauschtribute.tumblr.com/


出演 : 三宅 純 (トランペット、ピアノ他)
with リサ・パピノー (ヴォーカル/アメリカ)、ブルガリア・コスミック・ヴォイセズ合唱団 (ポリフォニー女声合唱/ブルガリア)、落合徹也ストリングス(落合徹也 (ヴァイオリン)、藤田弥生 (ヴァイオリン)、カメルーン真希 (ヴィオラ)、村中俊之(チェロ))バカボン鈴木 (ベース)、伊丹雅博 (ギター、ウード)、yoshie* (パーカッション、ドラム)、宮本大路 (サックス、アルトフルート、バスクラリネット)、zAk (Sound Designer、Engineer)



チケット料金 : 4,900円 (全席指定・税込)
※発売中 ※未就学児童のご入場はお断りしております。

<チケット取扱い>

チケットスペース : 03-3234-9999 (月~土/10:00~18:00)

チケットぴあ : 0570-02-9999 (Pコード 420-271) http://pia.jp/t/

e+ (イープラス) : http://eplus.jp/

ローソンチケット : 0570-000-407 / 0570-084-003 (Lコード : 32785) http://l-tike.com/
CNプレイガイド : 0570-08-9999 http://www.cnplayguide.com/

Concierge
Editor:
avatar

hitspaper

Facebook